捻挫 サポーター 寝るとき

捻挫でサポーターを使う場合は寝るときはどうする?

スポンサーリンク

足首を捻挫すると治療の為にサポーターを使う場合もあります。
軽い捻挫でしたら、病院にも行かずサポーターも使わなくても気がついたら治っていたという事もあると思いますが、捻挫の程度によっては治療の為にサポーターが必須となる事もあります。
起きていて動くときはサポーターは必要でも、寝るときは動かさないので必要ではないのではないかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は寝るときにサポーターをするべきか、その理由などについてご説明します。
捻挫でサポーターをする理由
捻挫は骨と骨をつなぐ靭帯やその回りの組織に損傷を負った状態です。
損傷にはただ靭帯が伸びているだけの軽症から部分的に切れている状態、ひどい場合だと完全に切れている事もあります。
サポーターで傷ついた部分を支えるだけでなく、圧迫する事で腫れがひどくなる事を抑える事も出来ます。

スポンサーリンク

寝るときにサポーターはつけたままにすべきでしょうか
寝ている時、私たちの足はすねから足の甲、つま先までがまっすぐに伸びた状態になっています。
この状態は捻挫で傷を負った靭帯にストレスがかかるので、治るのが遅くなったり、場合によっては悪化する事もあります。
また、捻挫をした部分は内出血で腫れたり熱を持つ事もあります。
サポーターで圧迫すると腫れが引くのが早くなります。
この2つの理由から寝るときもサポーターを付けておいた方が捻挫の悪化を防ぎ、治るのも早くなります。
いつから寝るときにサポーターは必要なくなるのでしょうか
寝るときにサポーターをつける理由は先ほど説明した通りです。
つまり、腫れや熱っぽさがひけばサポーターは付けなくても問題なくなります。
寝るときにサポーターを付けると落ち着かない方はこのタイミングまでがまんしてください。
しかし、捻挫の程度が軽かったり、日にちが経って痛みや腫れが収まって来ているときは、血行が悪くならない様に少し緩めに付けるとよいでしょう。
医療機関等でサポーターを付ける様に勧められた場合は、外すタイミングを医師に相談して下さい。

スポンサーリンク