皮下出血 治癒過程

皮下出血の治癒過程とは?

スポンサーリンク

今回は皮下出血の治癒過程とは?というテーマについて話していこうと思います。
皮下出血の治癒過程とは一体どんな治癒過程を歩むのでしょうか?みていきましょう。
激しい衝突などで皮下出血が発症すると、患部の周辺は腫れて痛みを感じたり、熱を持って、しばらく時間が経つと、最初は赤い色をしていますが、次第に青色へと変わっていきます。
そして、患部が広がる可能性もあります。
この腫れや熱は、損傷を受けた患部の修復をするための自然治癒力からおきています。
傷が付いた細胞は傷ついた細胞を修復するために、より多くの酸素が必要になってきます。
そして、白血球は血液中に入ってきた、ウイルスや細菌などの異物を攻撃して、血液の中から身体を守ります。
そして、血小板は血液内にありますが、血液を適宜に固める働きがあり、この働きにより、必要以上に出血しないようにして血液を失わないようにしています。

スポンサーリンク

傷を受けた後に、赤く見える皮下出血が広がっているのは、直接血液が見えているからです。
皮下出血を起こしてしばらくすると、赤色から青色へ変化しますが、これは血液中にあるヘモグロビンが壊れて、赤い色素が失われた事によって青色に変化します。
さらに時間が経つと、青色が緑色っぽくなります。
そしてさらに時間が経つと、茶色や黄色へと変わっていきます。
皮膚の下で出血した血液は、徐々に組織に吸収されて、通常の皮膚の色に戻ります。
ですので、色の変化は『赤色、青色、緑色、茶色、黄色、皮膚の色』という治癒過程をたどるでしょう。
しかし、通常はこのように自然治癒をしますが、中には色が残ってしまう場合があります。
それを色素沈着といいます。
この原因は、皮膚を守るために防衛反応として、メラニン色素が発生します。
このメラニン色素が肌にアザのように残ってしまう原因となります。
色素沈着は稀ですので、いつまでも皮下出血が起こっている場合は、まだ出血しているか、他の病気を併発している可能性もありますので、一度病院で診察を受けた方がいいでしょう。
以上、皮下出血の治癒過程とは?についてでした。

スポンサーリンク