皮下出血 予防 高齢者 介護

高齢者の皮下出血の予防法や介護のコツ

スポンサーリンク

今回は高齢者の皮下出血の予防法や介護のコツというテーマについて話していこうと思います。
昨今の日本は、諸外国に比べても、高齢者の増加が著しく、大変な問題となってきました。
高齢者だからと言って、全く介護の必要がない人もいます。
しかし、介護が全く必要ない人でも、安全性や健康的な生活を意識して生活していくことは、今後の日本にとってとても大切なポイントになることは間違いありません。
高齢者は視力が悪くなったり、身体的な能力が低下してくるため、どこかに足をぶつけたりすることが多くなってくることは仕方のないことです。
どこかにぶつけてしまうと、その皮膚の下の血管や細胞に傷がついてしまい、皮膚の下で出血が起きます。
これを皮下出血と言います。
この皮下出血は誰でもなりうるのですが、特に高齢者は老化によって、血管や細胞の回復が衰えていて回復力も落ちてきますので、皮下出血が目立ったり、回復のスピードが遅かったりすることが問題です。
またこのように高齢者が発症する皮下出血を『老人性紫斑』ということもあります。

スポンサーリンク

少しぶつかっただけや少し腕などを握っただけでも紫色に変色してしまうことがあり、痛みはほとんどないのですが、介護施設などにいる高齢者の方を、久しぶりに訪問した家族が発見すると虐待をしているのではないか?と疑われることがありますので、普段の信頼関係がとても大切になってきます。
ですので、このような変な疑いをかけられないようにするため、また見た目が悪いため、できれば発症しないのが一番ですよね。
そのための予防が大切です。
この予防は本人1人でもできますし、家族が行うこともできます。
では詳しくみていきましょう。
先ずは、室内のタンスなどの角の部分には、発砲スチロールなどの柔らかい素材のもので覆っておきましょう。
そうすることで、仮にぶつけてしまったとしても軽度で済みます。
また、歩くとき介護をする方は、腕を上から掴むのではなく、下から支えるようにもちます。
このように支えることで、安定性が増しますので、転倒などのリスクを軽減させることが可能になるのです。
また、年齢が上であればあるほど、普段寝て過ごす人も多いでしょう。
その時にベットの横に、落ちないように柵があるかと思いますが、この柵にぶつけて皮下出血を起こしてしまう人も少なくありません。
ですから、ぶつけても良いように、ここにも柔らかい素材のもの、例えば柔らかいシーツやタオルを巻いておくことで、皮下出血の予防になります。
また、物を覆うのではなく、高齢者自身の腕や脚に専用のウォーマーを装着させておくことも有効です。
このような予防法を実践することで、皮下出血を予防できるでしょう。
以上、高齢者の皮下出血の予防法や介護のコツについてでした。

スポンサーリンク