皮下出血 薬

皮下出血の時に使用した方が良い薬とは?

スポンサーリンク

今回は皮下出血の時に使用した方が良い薬とは?というテーマについて話していこうと思います。
打撲や打ち身でできてしまった皮下出血やあざ、中には小さいものもありますが、衝撃が大きかったものなどは皮下出血の痕も大きい場合もありますよね。
時に女性や皮膚や血管が弱い人は皮下出血がおきると、見た目的にも不安ですよね。
ですので、なんとか早く治したいと思っているのではないでしょうか?
皮下出血の時に使用した方が良い薬とは一体どんな薬なのでしょうか?みていきましょう。
まず皮下出血とは、ぶつけた皮膚の下に血液が溜まっている状態を指します。
ぶつけた直後は腫れていたり、熱を持っているので、まずは患部を冷やして、血液を固める血小板の働きを良くして、早く炎症を抑えてあげましょう。
次は炎症や腫れが治まったら、血行を良くするために患部を温めましょう。
このとき、ホットタオルやお風呂に浸かると血行が良くなるのでお勧めです。

スポンサーリンク

他には薬で血行を良くする方法もあります。
使用した方がいい薬は、『ヘパリンナトリウム』や『ヘパリン類似物質』配合のものを使うようにしましょう。
二つともペパリンという文字が入っていますが、ヘパリンナトリウムは元々動物の体内にあるものですが、ヘパリン類似物質は自然界にはない化学物質であることを覚えておきましょう。
では、皮下出血の時に使用した方が良い薬を紹介していきます。
<ヘパリンナトリウム配合の薬>
・ヘパリンZクリーム
・ヘパリンナトリウム軟膏
<ヘパリン類似物質配合の薬>
・ヒルドイド
・ビーソフテン
・HPシリーズ
・アットノン
このあたりの薬が、皮下出血の時に使用した方が良い薬となります。
ヘパリンナトリウムは血行を良くすることで、患部の治療を早めます。
ヘパリン類似物質は患部に水分を取り込み、患部を保湿して、再生を促します。
薬のタイプも、ロージョン、クリーム、ジェルタイプと豊富にありますので、お好みのものを選びましょう。

ただし、これらの薬は傷口が開いている患部には使用できませんので注意して下さい。
また、かゆみなどが発生した場合も、使用をすぐにやめ、病院で一度診てもらって下さい。
以上、皮下出血の時に使用した方が良い薬とは?についてでした。

スポンサーリンク