捻挫 テーピング 病院

テーピングや病院による捻挫の処置

スポンサーリンク

今回はテーピングや病院による捻挫の処置というテーマについて話していこうと思います。
テーピングや病院による捻挫の処置とはどんなものなのでしょうか?みていきましょう。
まず捻挫とは、関節が本来の可動域以上に動いてしまうことによって起こる、関節の周囲部分の損傷のことをいいます。
仕事中や軽い運動中や日常生活を送っている中で、軽く足をひねってしまった場合はなどは、テーピングなどの簡単な処置で対応できるものや、激しい運動や接触の多いスポーツをしている時、車の追突事故などによるムチウチ、などの激しい靭帯の痛みや骨折を伴う重症のものまで、範囲は広く、どの関節の部分でも起こりえます。
最も捻挫で身近なもので聞いたことがあるのは指の付き指があります。
これはドッチボールなどをしている時に起こりやすいでしょう。
処置は、添え木などを当ててテーピングで固定するのが一般的な処置になります。

スポンサーリンク

よく怪我をしたことがある人は保健師の先生に安静にしているようにと言われたことがあるのではないでしょうか?
他の軽い捻挫であれば、同じように添え木をしてテーピングやサポーターなどで関節を固定して、安静にしていれば自然治癒力で十分に治るでしょう。
しかし、重症の場合は、関節を以上のような方法で処置をしても痛みや腫れがなかなか引かない場合もあるかと思います。
目安として、約1〜2週間経っても痛みや腫れが引かない場合は、一度病院の診察を受けることをオススメします。
重症の場合、骨折している場合もありますし、治っても関節が変形して治ってしまったり、その影響で関節の可動域に制限がでてしまう可能性もあります。
痛みや変形がなくても、違和感が残ってしまう場合もありますので、やはりきちんと病院の診察を受けた方が良いでしょう。
費用は少しかかってしまいますが、レントゲンをとってもらった方がより正確な診断を受けることができるでしょう。
病院に行くか迷うと思いますが、一つの判断基準として、2週間経っても症状があまり回復しない場合は、すぐに病院へ行きましょう。
しっかりと治るまで、病院に行き、先生に診てもらった方が良いでしょう。
以上、テーピングや病院による捻挫の処置についてでした。

スポンサーリンク