打ち身 打撲 冷やす 温める

打ち身や打撲は冷やすのと温めるのどっちが良いの?

スポンサーリンク

今回は打ち身や打撲は冷やすのと温めるのどっちが良いの?というテーマで話していこうと思います。
身体を強く打った打ち身や打撲は痛いですよね。
特に多いのはスポーツなんかをしている時ではないでしょうか?
スポーツについては知っているけど、強く打ってしまった時はどんな対処をしていいのか分からない人も多いのではないでしょうか?
特に冷やせばいいのか温めればいいのか分からなくて困ることありますよね。
今回はそんな打ち身や打撲をしてしまった時は冷やすのと温めるのどっちが良いの?と思う時の対処法について話していきます。
まず基本的な考えとして、『打ち身や打撲をした直後はできるだけ早く冷やす』ということです。
冷やすことで血管を収縮させることで、腫れや炎症を抑えますし、痛みも減少させることが可能です。
そして冷やすものはどんなものを使えば良いのか?

スポンサーリンク

最も良いのはアイスバックですが、そのアイスバックがない時は、ビニール袋などに氷水を入れてタオルで覆ったもので代用すると良いでしょう。
注意点として、氷水のビニール袋を直接肌に当てると逆に痛みが走ったり凍傷などを起こしたりしてしまうこともあるので注意です。
また、冷却の目安は10〜20分ぐらいまでにしておきましょう。
それでもなお痛みが続くようでしたら、少し間隔をあけて繰り返してみてください。
痛みがあるうちは温めることはやめておきましょう。
入浴をする際もなるべく温めないように、シャワーを使うなどしてください。
しかし、ある程度痛みや腫れが治まってきたら、肌の温度より温かめのもので温めて血行を良くしてください。
よっぽどの強い打ち身でない限り、初期にちゃんと冷やして、その後温めてあげれば自然と日常生活に復帰できるでしょう。
なお、以下は怪我をしてしまった際に、有効となる対処の方法ですので、参考にして下さい。
『R=Rest(安静)』『I=Ice(冷却)』『C=Compression(圧迫)』『E=Elevation(挙上)』
怪我をした際はこれを思い出して対処してください。
以上、打ち身や打撲は冷やすのと温めるのどっちが良いの?でした。

スポンサーリンク