顔の腫れ 打撲 注意

打撲による顔の腫れには要注意

スポンサーリンク

今回は打撲による顔の腫れには要注意というテーマで話していこうと思います。
なぜ、打撲による顔の腫れには要注意なのでしょうか?みていきましょう。
打撲とは身体に強い衝撃などが加わることによって、腫れや痛み、炎症や内出血を伴うことがあります。
発生の原因は様々ですが、中でも多いのが、転倒やスポーツ時です。
また、それ以外の日常生活の時にも打撲は起こりやすくなっています。
日常生活では、家具などにぶつけやすいスネを損傷することが多いようです。
転倒やスポーツの際は、スネだけでなく、各身体を打撲する可能性があります。
打撲を起こしやすい人を挙げると、注意力が散漫である子供や、身体能力が衰えた高齢者の方、接触が多いスポーツをしている人などが挙げられます。
子供や高齢者の方は身体が弱い傾向にありますので、ちょっとした衝撃であっても打撲を起こしやすくなっています。
また、血管が生まれつき弱い人もいますので、そういう方も打撲や内出血を起こしやすいといえるでしょう。

スポンサーリンク

スポーツをしている人は、身体能力は高い傾向にありますが、怪我をする機会が多いので、その分怪我をする率が高いでしょう。
そして、顔を打撲した場合は、他の部位を打撲した場合よりも注意が必要です。
特に顔は頭に近いため、衝撃が直接脳に伝わり、影響が大きくなってしまうので注意が必要です。
衝撃が強いと脳震盪などを起こしてしまう可能性もあります。
目の周りをぶつけた場合は目の周りが腫れて、目を閉じられなくなってしまう場合もあります。
鼻や頬を強くぶつけると、骨折する場合もあります。
また脳には神経がたくさんあるため、神経が傷ついてしまうと痺れや動きに制限がでてしまうことも珍しくありあせん。
口の中に出血を起こしたり、鼻血が出ることもあるでしょう。
顔が腫れている場合は内出血を伴っている場合が多いので、損傷をしてしまった後はすぐに患部を冷やすことが重要です。
冷やすことで、腫れや痛み、炎症や内出血を最小限に抑えることができます。
また頭は後々症状が出てくることがありますので、顔が腫れてしまった場合は頭部の検査も行うようにしましょう。
以上、打撲による顔の腫れには要注意についてでした。

スポンサーリンク