打ち身 あざができやすい 原因

打ち身や打撲であざができやすい原因とは?

スポンサーリンク

今回は打ち身や打撲であざができやすい原因とは?というテーマで話していこうと思います。
打ち身や打撲であざができやすい原因とは一体どんな原因があるのでしょうか?みていきましょう。
打ち身や打撲によって起こるあざは出血斑と呼ばれることがあります。
あざが紫や青色に見えるのは、血管が切れて、皮膚の下に血液が溜まったものが、皮膚越しに見ることによって、紫や青色に見えているのです。
打ち身や打撲によるあざは多くの場合、自然と治っていきますので、そこまで心配はいりません。
そして、男女比率で言うと、比較的女性の方があざができやすなっています。
その理由は、女性ホルモンが関係しています。
女性ホルモンのバランスが崩れると、血管がもろくなったり、鉄分が不足するので貧血を起こしやすくなったりと、身体が弱りがちになります。
そうすると内出血=あざができやすくなってしまうのです。
また女性の場合、以上の理由により生理中に内出血やあざになりやすいといえます。

スポンサーリンク

そして女性は元々筋肉量が少なく、筋肉は血液のポンプ機能を果たしているのですが、そのポンプ作用が弱まり血液がその場に留まってしまうことがあり、この影響であざができやすくなっているとも考えられるのです。
また、冷え性もあざができやすい原因の一つであります。
冷え性ということは血液循環が悪いということがいえます。
血液循環が悪いということは栄養が患部に行き渡りずらいので、回復が遅くなってしまいます。
結果、あざができやすくなってしまうのです。
あざになりにくくなるのは、なりずらい身体作りが必要です。
まず、血管等が弱くなっているので、栄養のある食事をとって血管を強くしていく必要があります。
積極的に摂取していただきたいのが、しなやかな血管になるためにコラーゲンの摂取、もし内出血をしてしまった時も止血を早く行ってくれるビタミンKの摂取、そもそもの出血を防いでくれるビタミンCの摂取、そして貧血にならないようにするための鉄分の摂取を心がけます。
その他のあざの予防法は、シャワーではなく、お風呂にゆっくりと浸かることで、全身の血液の流れを良くして、あざができてもすぐに治る身体作りが必要です。
また他には、マッサージに通って血行を良くしても良いでしょう。
マッサージはストレスや疲労も一緒にとってくれるのでオススメです。
また、クリームや温感湿布を貼るのも良いでしょう。
以上、打ち身や打撲であざができやすい原因とは?についてでした。

スポンサーリンク