脛 打撲 対処法

脛が打撲した時の対処法

スポンサーリンク

今回は脛が打撲した時の対処法というテーマで話していこうと思います。
脛が打撲した時の対処法は一体どんな対処法があるのでしょうか?みていきましょう。
脛とは足の内くるぶしから膝までのことをいいます。
そして、人体の中でも肉がなく、ほぼ骨と皮膚という人体的構造になっている部分です。
ですので、他の腕や脚の肉付きが良い部分に比べると、痛みを強く感じる部分になっています。
痛みは他の部分に比べて大きいですが、生命の危機があるわけではなので、そこまでの心配はいりません。
また、対処法は、他の部位を打撲した時と基本的には同じです。
しかし、他の部分に比べ、腫れる事が多いです。
対処法は、氷水やアイスパックを当てるのも良いですが、冷感湿布は脛の形にそって貼ることができるので、オススメです。

スポンサーリンク

また腫れが引いてくると、炎症や痛みもなくなってきます。
ですが、以上のように対処をしないで、放置をしていると、細胞や内部の組織が極端な話壊死を起こしてしまう可能性もありますので、特に初期段階での対処は重要なものとなります。
対処が遅れると、治療も遅れ、歩けなくなり入院せざるおえなくなってしまう時もあるでしょう。
そうすると完全に生活に支障をきたすことになります。
そうなる前のケアが大事であることは、十分お分かりいただけたでしょう。
対処方法はお伝えしたとおり、自宅でも簡単にできるものとなっていますので、まずは患部を冷やすとういう対処をしてみてください。
間違っても、初めの段階で、温めるような対処は止めましょう。
血行が良くなってしまい、炎症や腫れを悪化させる心配があります。
骨に直接衝撃が加わりやすく、打撲ではなく、骨折している場合も考えられるので、あまりにも痛い場合やなかなか治らない場合は、整形外科を受診しましょう。
以上、脛が打撲した時の対処法についてでした。

スポンサーリンク