顔 打ち身 腫れ

打ち身で顔が腫れてしまった時の対処法

スポンサーリンク

今回は打ち身で顔が腫れてしまった時の対処法というテーマで話していこうと思います。
打ち身で顔が腫れてしまった時の対処法とは一体どんな対処法があるのでしょうか?みていきましょう。
打ち身とは不意にどこかへ身体の一部をぶつけてしまいあざや内出血を起こしてしまう症状をいいます。
また医学的用語では打撲と言ったりもします。
また腫れや痛み発熱等を起こしたりもします。
ほとんどの場合は、医療機関に行かなくても自然に治ったりします。
だいたい1週間程度で治まってくるでしょう。
しかし打ち身をしてしまった後に対処をすることで、さらに早く治すことができます。
先ずは患部をしっかりと冷やしましょう。
特に顔は腫れやすく、人に見られる部分ですので、早めに治したいですよね。
なので、腫れがなくても、すぐに冷やす方が良いです。

スポンサーリンク

患部から熱を取ることによって、痛みや炎症、内出血を抑えることができます。
最初はアイスパック等である程度冷やしたら、次は持続性のある湿布使用すると効率よく治療することができます。
その冷やす期間ですが、だいたい発症から2〜3日は冷やすようにしてみて下さい。
次は、腫れや炎症が治まってきたら、次は患部を温めていきましょう。
そうすることで、血液循環がよくなり、栄養が行き渡りやすくなったり、不要なものを流すので、治療効果が高まります。
温めることで治療が早まるので、治るまで続けた方がいいでしょう。
完治は1〜2週間といったところでしょうか。
特にあざになってしまうとなかなか消えませんので、顔に打ち身を起こしてしまった場合は、化粧品やマスク等をしてごまかすようにしましょう。
打ち身を起こしてしまっても慌てることなく、冷静に落ち着いて対処しましょう。
早めに処置をすることで、重症化を防ぐことができます。
また目安の治療期間を過ぎてもいまだに痛い場合は、打ち身ではなく骨折等の疑いもありますので、一度病院へ行かれることをオススメします。
打ち身をする前に普段の生活を意識して行動しましょう。
以上、打ち身で顔が腫れてしまった時の対処法についてでした。

スポンサーリンク