肘 打ち身 痛み

打ち身による肘の痛みの原因と治療

スポンサーリンク

今回は打ち身による肘の痛みの原因と治療というテーマで話していこうと思います。
打ち身による肘の痛みの原因と治療とは一体なんなのでしょうか?みていきましょう。
あなたは日常生活を送っていると、たまにどこかをぶつけたりしませんか?
打ち身は身体のいたるところで発生しますが、特に身体の突出した部分に発生することが多いです。
そして特に肘など、突出している部分に打ち身をすることが多くなっています。
また、転倒をすると、肘から地面につくことも多く、肘や尺骨や骨折してしまう場合もあります。
しかしそう簡単に骨折はしません。
何故だと思いますか?
それは骨と骨の間や骨と皮膚の間に滑液胞という中に水分を含んだ小さい袋のようなものが各部分にあり、その袋が衝撃を吸収してくれるからであります。

スポンサーリンク

しかし、滑液胞があるからといって、全ての衝撃を吸収できるわけではありません。
もちろん強い衝撃が加われば骨折する可能性だってあります。
しかしこの滑液胞が存在しているからこそ、骨折の可能性がぐっと下がるのです。
また、強い衝撃を受けると、滑液胞自体が損傷してしまうこともあります。
しかも滑液胞は水分を含んだ袋のようなものなので、もしレントゲンを撮ったとしても、異常を見つけることができません。
ですので、滑液胞が損傷してしまうと、衝撃が加わる度に痛みを発症してしまうのです。
そしてこの滑液胞は治りづらいという特徴をもっています。
原因は、この滑液胞の損傷は軽視されやすく、安静にしづらい場所であることが挙げられます。
肘は何をするにも比較的動かす場所ですので、安静にすることが難しいのです。
しかし、早く治すためには、安静は必要なので、三角巾などで、肘を固定し、なるべく動かさないようにすることが重要です。
以上、打ち身による肘の痛みの原因と治療についてでした。

スポンサーリンク