打ち身 あざ 治療

打ち身でできたあざの治療法とは?

スポンサーリンク

今回は打ち身でできたあざの治療法とは?というテーマで話していこうと思います。
打ち身でできたあざの治療法とは一体どんな治療法なのでしょうか?みていきましょう。
身体、特に足をどこかにぶつけてしまうことよくありますよね?
しかし、足で普段なかなか露出しないとしても、結構目立つので、早めに治療したいところではあります。
女性は比較的足を露出するファションが多いので、足をみられる機会が多いと思います。
また夏なんかの季節は足を見せることも多いので、注意が必要です。
このように足をなどを打ち身を起こしてあざが起こってしまった場合は、すぐに正しい処置をすることで、悪化を防いだり、最小限の怪我で終わります。
あまり痛みなどの症状を感じないとついつい放置してしまい、気づかないうちに大きなあざになっていたりすることはよくあることです。
一般的な軽度の打ち身では、自然治癒で治りますが、軽度であってもできるだけ早く治した方が、のちのち痕にもなりにくいです。

スポンサーリンク

治療法ですが、先ずは患部を冷やすことが最大のポイントになります。
打ち身などであざができてしまった時は、腫れや炎症を伴っていることが多いので、発症から丸三日間ぐらいはアイシングをすることで、それらの症状を早く抑えることができます。
そして、十分に冷やし、痛みや腫れが引いてきたら、今度は患部を温めると良いでしょう。
初期は患部を冷やすことで、内出血を防ぎ、そして、症状が治まってきたら温めて血行をよくして回復を早めます。
そうすることであざが早く薄くなっていきます。
また、食事面からも治療を早めることができます。
それは、ビタミンCや鉄分を摂取することです。
これらは栄養を吸収を早めたり、栄養を行き渡りやすくする効果が期待できます。
また、このような治療を行っても、消えない場合があります。
それはあざではなく、メラニン色素が肌に沈着している可能性が高いといえるでしょう。
メラニン色素の沈着は自分自身の力で消すことは非常に難しいので、この場合は、一度病院に行き、レーザー治療も視野に入れて相談をしてみて下さい。
以上、打ち身でできたあざの治療法とは?についてでした。

スポンサーリンク