顔 打ち身 あざ 対処

打ち身で顔にあざができてしまった時の対処法

スポンサーリンク

今回は打ち身で顔にあざができてしまった時の対処法というテーマで話していこうと思います。
打ち身で顔にあざができてしまった時の対処法とは一体どんな対処法があるのでしょうか?みていきましょう。
普段何気なく過ごしていると、身体をどこかにぶつけてしまうことはありませんか?
家の中で家事をしている時にテーブルの足にぶつけてしまったり、スポーツをしていると身体の接触は珍しくありません。
このように身体をぶつけてしまう要因は、そこらじゅうにあると言っても過言ではありません。
そしてぶつけてしまう箇所も数多く存在します。
打ち身の症状は、主にあざや痛みがあります。
あざは隠すことのできる腕や脚にできる分にはまだいいですが、隠すことの難しい顔にあざができてしまうと厄介ですよね。
メイクやサングラス、マスク等である程度隠すことは可能ですが、それにも限界があります。

スポンサーリンク

ですので、あざを隠すより消してしまう方が確実といえるでしょう。
特に女性にとって顔は目立つ部分であざがあると恥ずかしいと思いますし、仕事によっては顔を常に見られているような仕事内容の方もいらっしゃいますので少しでも早く治したいところでしょう。
まずは、あざを広げないような対処が必要です。
その対処とは、まずは患部を冷やすことです。
あざの原因は内出血です。
この内出血を広げないようにするために血管を収縮させて血液の流れを防ぐことが重要ですので、まずは患部を冷やします。
その後は、治りを早くするために、患部を温めることが必要です。
血液の流れを良くすることで、栄養を早く供給することで、治りが早まります。
しかし、すでにあざが色素に変わってしまい、沈着してしまっている場合は、レーザー治療なども検討されます。
以上、打ち身で顔にあざができてしまった時の対処法についてでした。

スポンサーリンク