打撲 痛み 期間

打撲の痛みが続く期間は?

スポンサーリンク

今回は打撲の痛みが続く期間は?というテーマについて話していこうと思います。
打撲は軽度であって、自分が思う期間よりも治療が長引くことがあります。
打撲の場合、痛みが続く期間は1週間〜2週間くらいになることが多いので、このくらいの期間は痛みが続くと思っていた方が良いでしょう。
場所によっては曲げたり、伸ばしたりすると回復するどころか、悪化してしまうこともあるので、注意が必要です。
このような時は、サポーターを使用して、負担を少なくして、楽に動けるようにしておくことも重要です。
湿布などは剥がれやすいので、夜寝るときなどの、あまり身体を動かさない時に使用するのが良いでしょう。
また、サプリメントをとることによって、少しでも傷の修復を早めたい人にはオススメです。
筋繊維が損傷している時なんかにも効果を発揮します。

スポンサーリンク

打撲の痛みが続く期間が長い場合は、ヒビや骨折の可能性を疑う必要があります。
また内出血が酷い場合も同様で、病院にいき、診察を受けた方が良いでしょう。
さらに、単に打撲だけではなく、なんらかの菌に感染している場合もありますので、打撲の痛みが長く続く場合には一度病院にいき、適切な診察や治療をしてもらいましょう。
特に頭を打った場合には注意が必要です。
頭にコブができているかいないかによっても変わってきます。
コブができている場合はほとんどの場合、二週間もあれば治ってしまうことが多いのですが、頭を打ってコブもできていなくて、痛みが続いていて、尚且つ吐き気などがある場合には、早急に病院で検査をしてもらいうことが必要です。
適切な診断と治療さえ行っていれば、改善していきますので、打撲だと甘くみないで、一度病院に行き、適切な診断や治療をしていってください。
以上、打撲の痛みが続く期間は?でした。

スポンサーリンク