すね 打ち身 腫れ

すねに打ち身を起こして腫れた場合の対処法

スポンサーリンク

今回はすねに打ち身を起こして腫れた場合の対処法というテーマについて話していこうと思います。
すねに打ち身を起こして腫れた場合の対処法とは一体どんな方法があるのでしょうか?みていきましょう。
足を何かにぶつけることは日常生活を送っているとよくある話だとおもいます。
たとえば、ドアを開けた際にドアの角のところに膝をぶつけたり、タンスの角に足の指をぶつけると結構痛いですよね。
そして、すねをぶつけると、特に痛い場所となっています。
低いテーブルや棚などにすねがあたるとかなり痛いですよね。
すねは骨が近いため、打ち身を起こすと強い痛みを感じやすく、また腫れも起こすことが多くなっています。
また、痛みが激しいので、骨折を疑う人がいますが、骨折をした場合は、歩くことはままならぬ、立つことすらできなくなります。
このあたりが判断基準になるでしょう。
強く打って、痛みや腫れが強くても、立つことや歩くことができれば骨折の可能性は低いでしょう。

スポンサーリンク

この場合は打ち身の可能性が高いでしょう。
しかし、打ち身でもぶつけてすぐは立つことやあることも困難である場合もありますので、その場合は少し休んでから動きましょう。
また、すねの打ち身を放置しておくと何かしらの不便が現われてくることがあるので注意が必要です。
そしてすねの打ち身の対処法ですが、先ずは冷やして、そのあとは温めることが基本的な処置の方法となっています。
冷やすことで、腫れや炎症、痛みを抑える効果が期待できます。
そして、また同じ場所をぶつけても大丈夫なように、患部にガーゼを貼っておくことも重要です。
サポーターなども有効です。
その際は湿布などを貼るものも良いでしょう。
しかしサポーターは入手が困難なので、医者に行き、診察を受けることで処方されたりします。
そしてもしかしたら、非常に軽度の骨折やヒビが入っているかもしれないので、やはり病院に行って、適切な診断と治療を受ける必要があります。
以上、すねに打ち身を起こして腫れた場合の対処法についてでした。

スポンサーリンク