打撲 腫れ 期間

打撲の腫れや完治の期間

スポンサーリンク

今回は打撲の腫れや完治の期間というテーマで話していこうと思います。
打撲の腫れや完治の期間はどうなっているのでしょうか?みていきましょう。
あなたは日常生活で身体のどこかをぶつけてしまうことはありませんか?
またスポーツをしている時にもボールが強打したり、人に強くぶつかったりする場合もあるでしょう。
そんな時に怪我してしまうことがあります。
そんな時多く発生するのが打撲や打ち身と呼ばれるものです。
主な症状は、腫れや痛みや熱をもつことです。
完治の危難ですが、その症状の程度によります。
軽症の場合は、1〜2習慣程度で治りますが、程度が重く重症の場合は長くて2〜3週間にもなる場合があります。
打撲であれば、遅くてもこの期間内には治ります。

スポンサーリンク

しかしこの期間以上に腫れや痛みなどの症状に悩まされている場合は、他の怪我の可能性が考えられます。
そして可能性がある怪我として挙げられるのが、捻挫や骨折です。
捻挫とは、文字通りひねってくじいていまった状態で、骨と骨を繋ぐ靭帯やその周囲の組織(軟部組織)が損傷をしてしまう状態です。
また骨折の場合も考えられますので、痛みが強い場合は打撲ではなく骨折の可能性もありますので、早めに一度病院に行くことをオススメします。
その場合、レントゲンを撮られるでしょう。
大きな骨折の場合はみればすぐにわかるのですが、ヒビなどの小さいものはレントゲンをみてもわかりづらいものもあるので、見落とされてしまう場合もあります。
ですので、2〜3週間経っても痛みや腫れが引かない場合は、もう一度病院に行き再検査をしてもらってください。
その際、一度目とは違う病院に行くと良いでしょう。
行きずらいというのもあるでしょうし、セカンドオピニオン(今かかっている医師以外の意見を求めること)をすることによってより正確な診断を受けることができます。
以上、打撲の腫れや完治の期間についてでした。

スポンサーリンク