指 打ち身 腫れ

指の打ち身で腫れてしまった時の対処法

スポンサーリンク

今回は指の打ち身で腫れてしまった時の対処法というテーマで話していこうと思います。
指の打ち身で腫れてしまった時の対処法とはどんな対処法なのでしょうか?みていきましょう。
指を打ち身等で強く衝撃を与えてしまった時は、痛みや腫れが出てくると思いますが、正しく速やかに処置をする必要があります。
まず確認するのは、指がどのようになっていて、どのくらいの症状なのか?ということを確認します。
皮膚が赤色、紫、などの色になっていれば、その患部が内出血を起こしていることが考えられます。
またはさらに重症の場合は骨折の可能性もありますので、軽く見ないことが需要です。
内出血だけなら痛みや腫れは少なく済み、すぐに症状は治まるでしょう。
しかし、骨折まで起こしていると、激しい痛みや腫れ、更には熱を持つ場合もあります。
ですので、痛みが強い場合などは、我慢をせずに整形外科などの医師に診せることが需要です。

スポンサーリンク

打ち身をしたら、先ずは冷やすことが重要です。
冷やすことで、腫れや痛み、熱もとってくれます。
氷水を用意してそれで冷やすのも良いですし、現在は冷却スプレーというものも販売しているので、こういったものを利用しても良いでしょう。
次に行うことは、患部を固定することです。
特に骨折の疑いがある場合は、固定はするようにしましょう。
患部付近の関節の腫れの予防だったり、患部を闇雲に動かさないようにして、患部を悪化させない効果が期待できます。
クッションやガーゼなどで指を覆い固定します。
その上から取れないようにテープを貼ります。
そして安静にすることも大切です。
さらに、患部を心臓より高い位置に上げて置くことで、内出血や腫れを悪化しないような効果が期待できます。
以上のような対処法を施しても、なかなか痛みや腫れが引かない場合は骨折している可能性がありますので、ちょっとでもおかしいなと思ったら、早めに病院へ行くことをオススメします。
以上、指の打ち身で腫れてしまった時の対処法についてでした。

スポンサーリンク