打ち身 あざ 早く治す 方法

打ち身でできたあざを早く治す方法とは?

スポンサーリンク

今回は打ち身でできたあざを早く治す方法とは?というテーマで話していこうと思います。
打ち身でできたあざを早く治す方法とは一体どんな方法なのでしょうか?みていきましょう。
打ち身でできたあざを早く治す方法とは、まずは発症して直後はすぐに患部を冷やすことが大事です。
特に冷やすことが大事な期間は、発症してから三日ぐらいまでが重要になります。
アイスパックや氷水をタオルなどに巻き、患部に密着させるように当てます。
そして、患部の腫れや痛みが引いてきたら、今度は温めることが重要になります。
37度ぐらいのぬるいホットタオルを作り、患部に軽く当てて温めます。
また内出血やあざがある場合は、つまようじを20〜30本ぐらい束ねて、痛くない程度に患部を刺激します。
この時患部が少し赤くなるくらい行います。

スポンサーリンク

このように、炎症や内出血が治まって、細胞や内部組織が固まってきているのをほぐす効果があり、治療の効果を高めます。
次は薬品などを使った方法を紹介していきます。
まずはサプリメントを日ごろから使うことによって、早く治りやすい体質にして予防をしていくという方法です。
ビタミンKや亜鉛が治りを早める成分なので、これらのサプリメントを積極的に摂取することで回復が早まるでしょう。
次はすでに打ち身やあざがある場合についてです。
ビタミンKや亜鉛のほかに、細胞の修復を促すビタミンCや血流を良くするビタミンEを摂取することが重要です。
また、飲み薬のほかに、塗り薬もあります。
ヘパリンナトリウムという成分を含んでいるクリームや軟膏を患部に直接塗ることで回復が早まるでしょう。
他にはフェブリナックやインドメタシンという成分を含んだクリームや軟膏、また液体タイプやスプレータイプもありますので、自分に合ったものを使用してください。
そして、このような治療も大切なのですが、これらと合わせて患部を安静にすることも大事ですので、少し気にかけて安静にして下さい。
以上、打ち身でできたあざを早く治す方法とは?についてでした。

スポンサーリンク