打ち身が治らない 原因

打ち身が治らない原因とは?

スポンサーリンク

今回は打ち身が治らない原因とは?というテーマで話していこうと思います。
打ち身が治らない原因とは一体どんな原因が考えられるのでしょうか?みていきましょう。
足や手に打ち身を負った際、多くの場合は応急処置をして治しますが、症状の程度によってはなかなか治らない場合があります。
打ち身が治らない原因を調べていくと、一つ目の原因として考えられるのが、患部に対して負担をかけすぎている場合です。
たとえば打ち身によって足を怪我をしているにもかかわらず、ジョギングなどのスポーツをしてしまっていることです。
スポーツや運動をするという意識は素晴らしいのですが、まだ完治していない状態で、スポーツをするのは好ましくありません。
こういうことをしてしまうと完治までに時間がかかってしまうことになるでしょう。
また、強い刺激を与えてしまうと患部が悪化してしまう可能性があり、捻挫や骨折に発展してしまいます。

スポンサーリンク

ですので、患部に強い刺激を与えてしまうと打ち身の症状が治らないことになってしまので注意が必要です。
そして応急処置をしているにも関わらず治らない場合は、骨折の可能性が考えられます。
これは病院へ行かないで自力で治そうとする場合に多く見られます。
基本的に骨折の場合、しっかりと固定し、動かないような処置をする必要がありますので、痛みが激しい場合は、一旦病院に行き、検査を行ってください。
この場合、冷感湿布等を貼ってもなかなか痛みはとれません。
また骨折してないまでも、ヒビが入っている場合もありますので注意が必要です。
骨折の場合は整形外科でレントゲンを撮られるでしょう。
そして、症状に合わせた処置をしてくれるでしょう。
骨折の場合、自力で治すのは、後々のリスクを考えると、病院で処置を受けた方が良いでしょう。
以上、打ち身が治らない原因とは?についてでした。

スポンサーリンク