打撲 内出血 腫れが引かない

打撲や打ち身による内出血の腫れが引かない時の対処法

スポンサーリンク

今回は打撲や打ち身による内出血の腫れが引かない時の対処法というテーマで話していこうと思います。
打撲や打ち身による内出血の腫れが引かない時の対処法とはどんな対処法なのでしょうか?みていきましょう。
内出血とは、打撲や打ち身などの衝撃によって皮下組織が損傷してしまい、皮膚の下に血液が溜まってしまうものを指します。
外的な衝撃をうけることによって出血が生じ、赤くなってきて腫れも伴うのが初期の症状で、次第に症状が緩和してくると患部が赤から紫、そして黄色へ変色していきます。
打撲や打ち身の多くの場合は、このような経過をたどって自然に治っていきますが、たまに腫れが引かない場合があります。
通常であれば2,3日〜1週間程度でアザになりますが、程度が重症な場合や怪我をした後の処置によってはなかなか腫れが引かない状況になってしまう場合もあります。
このように治療が遅れている場合は、痛みも一緒に残っている場合が多く、適切な対処をすることで回復を早めるでしょう。

スポンサーリンク

想定の日数より時間が立っているにもかかわらず、腫れが引かない場合は、血行が悪くなっている場合が考えられます。
そのため、マッサージをしたり、痛みが発生しない程度にストレッチをしたりして、患部を温めて血流をよくすることは効果的です。
血行が良くなることで、自然治癒力を高めますし、栄養の補給もされやすくなりますので、多くの場合回復が早まるでしょう。
また、血行が良くなっても栄養をとっていないと、効果が期待できないので、しっかり栄養をとることも重要です。
特に鉄分やビタミンCなどが必要になります。
また、体内の水分や栄養バランスを考え、カリウムやナトリウムの摂取を調整しましょう。
それでも内出血や腫れが引かない場合は、他の病気の可能性も考えられ、血小板が少ない可能性もありますので、そのような場合は病院に行くことをオススメします。
以上、打撲や打ち身による内出血の腫れが引かない時の対処法についてでした。

スポンサーリンク