膝 打ち身 腫れ

膝の打ち身による腫れの原因と対処法

スポンサーリンク

今回は膝の打ち身による腫れの原因と対処法というテーマで話していこうと思います。
膝の打ち身による腫れの原因と対処法はどんなものなのでしょうか?みていきましょう。
膝の打ち身による腫れの原因は、ドアに勢いよくぶつけてしまったり、スポーツの際に強くぶつけてしまうことによる外部の刺激によって、膝の周辺がダメージを受けてしまい、皮下出血を起こしてしまうものであると考えられます。
他のよくある原因は、自転車の運転中の転倒や階段の踏み外しによる転倒が挙げられます。
これらはとくに高齢者の方に多く、筋肉や身体的な能力の低下が原因だと考えられます。
また打ち身は医学用語では打撲とされており、切り傷や皮膚の外の出血がみられないものをいいます。
最初は赤く腫れ、徐々に紫、そして黄色や茶色に変色していきます。
軽い症状のものに関してはおおむね五日前後で完治するものもあります。
当然若い人の方が回復力はあるので、回復は早いでしょう。
重症の場合だと、整形外科や整骨院に通院するケースもあります。

スポンサーリンク

膝の打ち身による腫れの対処法は、まずは患部を冷やすことが先決です。
アイスパックや氷水をタオルで包み、患部に軽く当てます。
そして安静にすることが打ち身を早く治すコツになっています。
また、冷感湿布を貼って包帯をしても効果が期待できるでしょう。
重症の場合は整形外科や接骨院に通院をして治療を行います。
整形外科では必要な処置をしてくれ、湿布などの外用薬を処方してくれます。
完治するまでしっかりと医師の指示に従い、受けることが重要です。
打撲の治療は保険診療が可能なので、初診は3000円〜5000円に受けられ、二回目以降は1000円前後で受けられるでしょう。
また、接骨院などでも保険診療の場所が増えてきているので、近場でそういう所をみつけて行くのもいいと思います。
以上、膝の打ち身による腫れの原因と対処法についてでした。

スポンサーリンク