打ち身 内出血 湿布

打ち身や打撲での内出血の際の湿布の使い方

スポンサーリンク

今回は打ち身や打撲での内出血の際の湿布の使い方というテーマで話していこうと思います。
打ち身や打撲での内出血の際の湿布の使い方はどういった使い方なのでしょうか?みていきましょう。
軽い打ち身や打撲で怪我を負った際、患部が内出血することがありますが、その場合の応急処置として湿布を使用することが多々あります。
まずは打ち身や打撲をして炎症や内出血を起こしてしまった時は、患部を冷やすことが重要です。
人体は何かに強くぶつけたりすると皮膚の内側で内出血や炎症が発生し、患部に痛みを感じるようになります。
その痛みの程度はその損傷の具合によっても変わってきます。
また内出血が起こると、その患部にアザができてしまうことがあり、女性は特に注意が必要です。

スポンサーリンク

怪我をした際はすぐに冷たい湿布などを貼ることで、なにも対処していない場合に比べると早期に回復したり、炎症や内出血を最小限に抑えることができます。
大事なのは患部を冷やすことなので、冷たい湿布がない場合は、アイスパックや氷水をタオルで包んで患部に当てることでも効果は期待できます。
これらの冷やすものがなかったとしても、多くの場合コンビにというものがあり、袋や氷、水もトイレで確保できるので、問題ありません。
大切なのは、怪我を負って炎症や内出血をした場合は、先ずは冷やすことが重要です。
間違っても、負傷後は温めることはやめましょう。
温めてしまうと血管が広がり血流が良くなってしまい、炎症や内出血が広がり悪化してしまいます。
ですので、大切なのは先ずは冷やす、そして炎症や内出血が治まったら温める。
これが大事であるということを覚えておきましょう。
以上、打ち身や打撲での内出血の際の湿布の使い方についてでした。

スポンサーリンク