打撲 湿布 おすすめ

打撲に効くおすすめの湿布とは?

スポンサーリンク

今回は打撲に効くおすすめの湿布とは?というテーマについて話していこうと思います。
打撲をしてしまった時はやはり湿布ですよね。
しかし、現在湿布はたくさんの種類のものが販売されていてどれを買って良いのか迷ってしまいますよね。
さらに、冷感タイプと温感タイプがあり、どちらを使えば良いのかも迷いますよね。
そこで今回は打撲に効くおすすめの湿布を紹介していこうと思います。
打撲をした後は患部が炎症を起こしていたり、熱をもっています。
なので、患部を冷やして炎症を抑えるために、先ずは冷感湿布を貼ることが得策です。
おすすめの湿布は『パテックスうすぴたシップ』や『のびのびサロンシンプ』で、張りやすくて冷たいものになっています。
どれだけ冷えるか?持続力はどうか?はがれにくいか?が湿布選びのポイントです。

スポンサーリンク

そして次は、炎症が治まってきてからおすすめの湿布です。
通常炎症は、打撲してから1〜3日程度で治まってきます。
炎症が治まった後は冷やす必要はありません。
逆に炎症が治まった後に冷やしてしまうと血行が悪くなってしまいますので、やめた方がいいでしょう。
炎症が治まった後は、患部を温めて血行を良くしたり、患部に栄養と酸素を送ることで、回復力が高まります。
まずは患部を温めていきましょう。
そのため冷感湿布から温感湿布への切り替えをしましょう。
おすすめの温感湿布は『温感シートハップ』や『ハリックス』がおすすめです。
こちらもやはりはがれにくいものを選びましょう。
さらにはがれにくくするために、ネットを購入するのも良いと思います。
湿布を上手く使って、早く打撲を治していきましょう。
以上、打撲に効くおすすめの湿布とは?でした。

スポンサーリンク