打ち身と打撲の違い

打ち身と打撲の違いはあるのか?

スポンサーリンク

今回は打ち身と打撲の違いはあるのか?というテーマで話していこうと思います。
打ち身と打撲の違いはあるのでしょうか?みていきましょう。
怪我は主にどこかにぶつけることによって負傷します。
この場合、この怪我の事を打撲や打ち身といったりしますが、違いはあるのでしょうか?
結論から言いますが、この打撲と打ち身はほぼ同じ意味で使われています。
どちらも身体を強く打つことによって起こる怪我です。
違いというか、場面によって使い分けはされているかもしれません。
たとえば、日常生活で負った怪我は打ち身、スポーツなどで負った怪我は打撲という使い分けです。
この打撲や打ち身で起こる主な症状は内出血があります。

スポンサーリンク

内出血とは、外部から強い衝撃があり、皮膚の下で出血が起こり、皮膚の外に出血が見られないものを指します。
その外見は、赤くなったり、青くなったり、紫になったり、、、アザができて腫れたり炎症を起こすことがあります。
また受けた場所や衝撃の強さによっては、ヒビが入っていたり、骨折をしている場合も十分考えられますので注意が必要です。
特に胸部や頭に強い衝撃を受けた際は、念のため病院の検査を行ってみてください。
打撲や打ち身を起こした場合は、早い段階で応急処置を行うことが重要だと考えます。
また、もしかしたら見えないほどの切り傷があったりするかもしれませんので、雑菌が入らないように、まずは患部を清潔なタオルやウエットティッシュなどで拭いて清潔な状態を保ってあげることが重要です。
発症直後は温めずにまずは冷やすことをしましょう。
早い段階で温めてしまうと、完治までの時間が延びてしまったり、悪化してしまう恐れがありますので、温めるのは、患部の炎症や腫れが引いてから行いましょう。
冷却方法は、アイスパックや氷水で冷やすと良いのですが、内出血の時は長時間冷やしておくことが重要ですので、患部に包帯などで固定をしておくことでより効果的に冷やすことが可能です。
以上、打ち身と打撲の違いはあるのか?についてでした。

スポンサーリンク