打ち身 早く治す方法

打ち身を早く治す方法とは?

スポンサーリンク

今回は打ち身を早く治す方法とは?というテーマで話していこうと思います。
打ち身を早く治す方法とは一体どんな方法なのでしょうか?みていきましょう。
あなたは打ち身を起こしてしまって痛くて辛い思いをしているかもしれませんね。
今回はそんな打ち身を早く治す方法について紹介していきます。
まず、打ち身を起こした場合は、冷やすことを一番最初に行って下さい。
また痛みや腫れが引くまで、お酒を控えたり、女性であればヒールなどの安定しないような履物は控えるようにして下さい。
処置が遅れると古傷になったりするので早めに対処していきましょう。
冷やすと痛みや腫れが引くスピードが速まります。
そして症状が引いてきたら、サポーターをして下さい。
冷やす時間ですが、だいたい氷水やアイスパック等で五分ぐらい冷やしてください。
そのあとは湿布に切り替えても良いでしょう。

スポンサーリンク

また冷やすことをしないで、鎮痛剤のみの対処はやめてください。
まだ症状が治まっていないうちに温めることはやめましょう。
まだ腫れている段階で温めてしまうと血行が良くなり、血管が膨張して神経を圧迫してしまって痛みが発生してしまうので、お酒やお風呂も控えましょう。
打ち身や打撲の治療期間ですが、症状の程度にもよりますが、だいたい1週間〜2週間で完治することが多いでしょう。
最初の段階では内出血を伴うことも多いでしょう。
内出血や腫れが引いてくると痛みも引いてくるのが経過の特徴となっています。
内出血を抑えるのにも冷やすことが重要です。
氷水やアイスパックを使用して、患部に密着をさせて炎症による熱をとってあげましょう。
内出血も治まってきたら次は温めましょう。
患部をホットタオルで温めるのが効果的となっています。
熱すぎるタオルは火傷の原因にもなりますので、37〜38℃ぐらいの体温に近い温度のもので温めましょう。
このぐらいの温度はすぐに冷えてしまうので、面倒かもしれませんが、こまめにタオルを変えましょう。
以上、打ち身を早く治す方法とは?についてでした。

スポンサーリンク