指 打撲 処置

指を打撲した時の処置の仕方

スポンサーリンク

今回は指を打撲した時の処置の仕方というテーマで話していこうと思います。
指を打撲した時の処置の仕方はどんなものなのでしょうか?みていきましょう。
階段や雪道での転倒やスポーツの際ボールに指が強くぶつかってしまい打撲してしまった場合は、患部をすぐに冷やすことが大切です。
冷やすことで、患部の痛みや痛めた部分の炎症を抑えたり緩和する効果が期待できるからです。
アイスパックや氷水をタオル越しで当てたり、最近では冷却スプレーという優れたものもを使用して患部を冷やしていきます。
また内出血を起こしている場合にも、血管を収縮させる効果がありますので、内出血を起こしている場合にも効果的です。
この処置によって、内出血の拡大や悪化を防ぐことができます。
これらの処置でも十分治りますが、痛みや炎症が強い場合は薬局などで販売している湿布を使用することも考えましょう。
多くの薬局には打撲用の湿布が販売されていますので、お店にいる薬剤師の方にアドバイスをもらえば教えてくれますので、心配はいりません。
また病院で処方される湿布は、市販されている湿布よりも効果が高いものが多い場合があります。
ですので、痛みが強ければ病院に行き、きちんとみてもらいましょう。

スポンサーリンク

また効果が高いということはそれだけ副作用も大きくなる可能性もありますので、医師と話し合って決めることも必要になってきます。
雪道での転倒やスポーツでの損傷は打撲の可能性が高いでしょう。
ですから、打撲である際は、まずは冷やして、患部に湿布を貼り、包帯などを巻いて患部を固定し、安静にすることが大事になります。
もしもこのような処置をしても一向に痛みや炎症が引かない場合は、病院に行きレントゲン検査を行ってもらいましょう。
もしかしたら痛めた患部が骨折をしている場合があるからです。
その場合、痛みや炎症の他に、大きく腫れて赤くなっていたり、変形をしていたり、指が曲がらないという症状があるでしょう。
この場合は骨折をしている可能性が高いので、早急に外科へ駆けつけましょう。
骨折であった場合、その患部を固定する処置をされるでしょう。
打撲であっても重症の場合固定されるかもしれません。
打撲や骨折をしてしまった時は、固定して安静にすることが大事だということです。
完治していないのに動かしてしまうと、変形したまま組織が固まってしまったり、骨折した部分がずれたまんまくっついてしまう可能性があるからです。
そのため、不便かもしれませんが、脳の訓練などと捉え、反対の手や足を使うなどの工夫をしていきましょう。
以上、指を打撲した時の処置の仕方についてでした。

スポンサーリンク