足 打ち身 腫れ

足の打ち身で腫れが強いときの対処法

スポンサーリンク

今回は足の打ち身で腫れが強いときの対処法というテーマで話していこうと思います。
足の打ち身で腫れが強いときの対処法とはどんな対処法があるのでしょうか?みていきましょう。
打ち身とは接触するスポーツや事故、または転倒といったことで発生することが多いとされている怪我の一つです。
しかしこのような場面でも起きますが、もっと身近な日常生活のちょっとしたことで、発生することがほとんどです。
症状が軽ければ、特別な処置などもしなくてもだいたい一週間程度で治ってしまうことがほとんどです。
そして打ち身を起こしやすいのは足であります。
物を足に落としてしまったり、タンスの角にぶつけたり、そんなような状況で発生することが多いです。
そして症状が重い場合には、腫れや内出血が酷い場合もあります。
このような場合には適切な処置が必要になってきます。
その処置をすることで、内出血を早めに引かせることで、色素沈着によるシミなどを極力少なくすることができます。
また怪我の治りももちろん早くなります。

スポンサーリンク

また女性はスカートなど露出の多い服装を着る機会が多いと思いますので、早めに治療をすると良いでしょう。
腫れや内出血を伴うような打ち身や打撲をしてしまった時は応急処置を行います。
まずは患部を冷やすということです。
アイスパックや氷水を使用します。
そのまま当てると冷たすぎる人は、それらをタオルに巻いて患部に当てましょう。
タオルを使用する場合はすぐにあったまってしまいますので、こまめに変えることが大切です。
また、冷やす時間の目安は約20分くらいです。
次は熱や腫れが引いたら次は、身体を横にして、怪我をした方の足を心臓より高くあげます。
そして怪我をした日から2、3日はお風呂に浸からないようにして下さい。
どうしてもの場合はシャワー程度に控えておきましょう。
だいたい2、3日すると炎症や腫れが引いてきますので、その後なら入浴しても大丈夫です。
また、マッサージも血行が良くなるので効果が期待できるでしょう。
以上、足の打ち身で腫れが強いときの対処法についてでした。

スポンサーリンク