打撲 しこり 残る

打撲によりしこりが残ることがある?

スポンサーリンク

今回は打撲によりしこりが残ることがある?というテーマで話していこうと思います。
打撲によりしこりが残ることがあるのでしょうか?みていきましょう。
打撲や打ち身を起こしてしまって、痛みや腫れなどの症状が治まった後にしこりが残ってしまう場合があります。
ではどうしてこの様に、打撲や打ち身をしてしまった後にしこりが残ってしまうのでしょうか?
このしこりの原因として考えられるのが、打撲後に起こる内出血です。
打撲によってその周辺の血管や筋肉に損傷が起こってしまい、血が皮膚の内側に溜まってしまうことがあります。
これが内出血です。
この内出血がそのまま分解されないで固まってしまうと、これがしこりとして残ってしまうのです。
ですから、内出血はなるべく少なくすることが重要です。

スポンサーリンク

内出血を少なくするというのは、症状を早く抑えて早く治すという目的があったわけではないのです。
このようにしこりを残さないようにするという意味もあったのです。
しこりができてしまうと、見た目の問題もありますが、それだけではありません。
もちろん見た目も気持ち悪い場合も問題になりますが、そのしこりが関節付近にあるとそのしこりが、関節の動きを制限してしまい動きが悪くなってしまうことがあります。
このようにしこりにより制限がでてしまいます。
この場合、ちょっとした手術やリハビリが必要になってくる場合もあります。
違和感があるようなら、放置をせずに早めに病院へ行きましょう。
自分ではただの打撲だと思っているかもしれないですが、実は制限がでてきてしまうしこりができる可能性がありますので、適切な処置をしていくことが重要です。
以上、打撲によりしこりが残ることがある?についてでした。

スポンサーリンク