打ち身 内出血 腫れ

打ち身で内出血や腫れがみられる場合の対処法

スポンサーリンク

今回は打ち身で内出血や腫れがみられる場合の対処法というテーマで話していこうと思います。
打ち身で内出血や腫れがみられる場合の対処法はどんな対処法があるのでしょうか?みていきましょう。
日常生活を送っていてドアにぶつけてしまったり、仕事で工事現場や建設業に就いている人は打ち身や打撲を起こしやすい環境と言えるでしょう。
また、交通事故やスポーツや格闘技をしている人も打ち身や打撲を起こしやすいでしょう。
このように打ち身や打撲をした場合は、内出血や腫れ、青タンが起こりやすいです。
症状が酷い場合は、救急車で救急外来に運ばれることもあるでしょう。
頭や胸を強く打っている場合はCTやMRIの検査を受ける必要もあるでしょう。
また、内臓や骨にも問題が発生していないか調べることも必要です。
自力で動ける場合は、整形外科に行き、骨に異常が無いか見てもらいます。
骨が折れていたら他の症状もある可能性が高いので、それぞれの対処が必要になります。

スポンサーリンク

重症の場合は、強く打った部分に内出血や腫れが生じやすいので、すぐに患部を冷やすことが特に重要です。
この最初に冷やすということが重要なのです。
アイスパックやなければ冷たいタオルや氷水を患部に当てて冷やします。
期間はだいたい発症〜2,3日冷やします。
そうすると炎症や内出血引きやすく、腫れの引きも早まります。
内出血は重力で下へ移動し、紫〜黄色茶色へと変化していき、いつの間にか体内に吸収されてしまいます。
その時期を過ぎたら次は患部を温めます。
そうすることで血行が良くなり、患部の回復が早まります。
患部の痛みはすぐに治まらないケースもありますが、打ち身や打撲であればいずれなくなります。
治療を早めるために、塗り薬を使うのも良いでしょう。
なかなか治らない場合は内臓に損傷がある場合もありますので、長引く場合は速やかに病院へ行きましょう。
以上、打ち身で内出血や腫れがみられる場合の対処法についてでした。

スポンサーリンク