尾てい骨 打撲 症状

尾てい骨が打撲した時の症状とは?

スポンサーリンク

今回は尾てい骨が打撲した時の症状とは?というテーマについて話していこうと思います。
歩行時やスポーツをしている時に臀部を強く打ってしまうことで、尾てい骨を打撲してしまうことがあります。
特に寒い時期など路面が凍結している時は転びやすく、転倒した時に尾てい骨を強く打ってしまうことがあります。
尾てい骨を打撲した時の特徴的な症状は、強く打った患部が持続的に痛みがあるということです。
強く打った部分に強い痛みが持続してある場合は、骨折していたりヒビが入っている可能性もあるので、その場合には病院を受診することをオススメします。
レントゲンがある病院では、骨折しているかしていないかの診断が下せます。
そしてレントゲンの結果が尾てい骨の打撲や骨折だった場合は、安静にすることが大切です。

スポンサーリンク

このような診断が下ったにもかかわらず、無理に運動などをして動かしてしまうと、症状が治るどころか悪化してしまうことにもなりかねません。
尾てい骨を、転倒やスポーツによって打撲してしまった場合は、腰を曲げたりそったりする動作で強い痛みを感じることがあります。
また、椅子に座る際も、尾てい骨が椅子に当たるため、強い痛みが発生する場合も少なくありません。
なので、特にパイプ椅子など硬い素材のものは避けましょう。
仕事の場合やどうしても椅子に座らなくてはいけない場合は、クッションなど柔らかい素材のものを下に敷くことをオススメします。
また、打撲や骨折をしている場合は、強い痛みを発するため、たいていの場合走ったりスポーツするのは困難になります。
なので、症状が完治するまで安静にしているのが一番でしょう。
また回復を早めるために、打撲や打ち身に効く温泉にいったりするのも良いでしょう。
何よりまずは患部を治すことを考えていきましょう。
以上、尾てい骨が打撲した時の症状とは?でした。

スポンサーリンク