打撲 腫れ 引かない 対処法

打撲の腫れが引かない時の対処法

スポンサーリンク

今回は打撲の腫れが引かない時の対処法というテーマで話していこうと思います。
打撲の腫れが引かない時の対処法とは一体どんな対処法なのでしょうか?みていきましょう。
あなたはたとえば思いっきり太股などをぶつけて、その部分が大きく腫れた経験はありませんか?
すぐに腫れが引くこともありますが、なかなか腫れが引かないことも多々あります。
そんな時はどのように対処していけば良いのでしょうか?
腫れがなかなか引かない原因の一つとして、患部を強く打ちすぎてしまっていて、そのせいで内出血が起こっている可能性が考えられます。
大量の内出血や広範囲の内出血が起こっている場合は、なかなか腫れは引かず、たとえ怪我が治ったとしても、しみやしこりが残ってしまう場合があります。
特に女性にとってはこのようなシミやしこりは天敵以外の何者でもないですよね。
では、打撲の腫れが引かない時はどのように対処していけば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

まず、一番初めにすることは患部を冷やすことです。
アイシングなどで患部を冷やすことによって、炎症や内出血の広がりを抑える効果があります。
この冷やす期間はだいたい発症から三日間ぐらいのあいだは冷やしましょう。
そして次に患部を圧迫しましょう。
圧迫することによって、これも内出血を抑えて、腫れを抑えて、短い期間で治す手助けになります。
そして、炎症や痛み、腫れが引いてきたら、次は温めましょう。
血行を良くして、血液循環を良くして、自然治癒力を高めましょう。
患部に血液が供給されることによって回復が早まります。
そして、以上の対処をすればたいていの場合は2〜3週間もすれば腫れは引いてくるのですが、それでもなかなか引かない場合は、自分の力では対処するのは難しいと思われますので、病院に行き正しい処置をしてもらってください。
早期治療をすれば、シミやしこりなどを残さずに治る可能性もあります。
以上、打撲の腫れが引かない時の対処法についてでした。

スポンサーリンク