打ち身 あざ 消えない

打ち身であざが消えない場合の対処法

スポンサーリンク

今回は打ち身であざが消えない場合の対処法というテーマで話していこうと思います。
打ち身であざが消えない場合の対処法は一体どんな対処法があるのでしょうか?みていきましょう。
打ち身とは、なにか外部のものに強打したり、転倒をして強くぶつけたときに起こる障害で、筋肉や皮下組織や柔部組織などが損傷することで内出血が起きたり、痛みや腫れ、あざなんかも起きたりします。
打ち身の回復は、程度にもよりますが、だいたい一週間もすれば治ることが多いです。
最初の段階では痛みや腫れがありますが、徐々にその腫れがなくなってきて痛みも減ってきます。
症状が重い場合でも、安静にしていれば回復するのにだいたい2〜3週間もあれば、自然治癒力のみで治ってしまうことでしょう。
打ち身に対する初期の治療は、まずは冷やすことです。
アイスパックや氷水を作って、タオル越しに患部に当てます。
直接当てると冷え過ぎてしまうので注意が必要です。
この処置で、炎症や内出血の広がりを抑えることができます。
初期の段階で、温める処置をすると、逆に炎症や腫れ、痛みが増したり内出血が広がってしまうので注意してください。
炎症や腫れ、痛み等が引いたら温めると効果的です。

スポンサーリンク

打ち身や打撲による腫れや痛みは徐々に治ってきますが、あざが消えない場合があります。
これは皮膚を守るための防衛反応と考えられます。
防衛反応としてメラニン色素が生成されるのです。
これがあざの原因になります。
始めは内出血などで紫色などをしていますが徐々に治ってきて、黄色や茶色になってきます。
この黄色や茶色が色素沈着された色となります。
色素沈着はメラニン色素が多ければ多いほど起きますが、このメラニン色素の生成能力が日本人は特に高いとされていますので、あざが濃くなりやすいです。
色素沈着は時間が経過すれば徐々に薄くなっていきますが、症状が重度の場合は手術やレーザー治療をして改善をしていくことになります。
重症化させないためにも初期段階の処置が大切になってきます。
具体的には、患部をすぐに冷やす、患部を心臓よりも高くする、発症2,3日ぐらいまではお風呂につからない、マッサージを受けない等です。
以上、打ち身であざが消えない場合の対処法についてでした。

スポンサーリンク