打撲 骨折 判断

打撲と骨折の判断の仕方とは?

スポンサーリンク

今回は打撲と骨折の判断の仕方とは?というテーマで話していこうと思います。
打撲と骨折の判断の仕方とは一体どんな仕方なのでしょうか?みていきましょう。
打撲をしてしまった時や骨折をしてしまった時、同じように痛くつらいですよね。
しかしはたして打撲なのか骨折なのか、わからないことが多いですよね。
そんな時、どのような判断基準があるのでしょうか?
打撲と骨折の判断のポイントは、その痛みの強さやその痛みがどのくらいの期間続いているのか?
というところをみて判断していきます。
打撲の場合ですと、時間の経過とともに徐々に痛みが和らいできます。
よっぽど重症でない限り、打撲はだいたい一週間程度で痛みが落ち着いてくるでしょう。
一方骨折の場合は、一週間経ったとしてもかなり痛みがあり、激痛があるのが特徴です。
骨折はぶつけた直後から激痛があり、その痛みが一週間以上続く場合が多いようです。
その場合は骨折の疑いがあります。

スポンサーリンク

また完全な骨折の場合は骨が皮膚から飛び出していたり、変形している場合があり見た目で判断できる場合がありますが、骨折ではなくヒビ程度のものであれば、見た目で判断することは難しいでしょう。
この時も同様に、痛みの強さや期間がポイントになります。
ヒビの場合でもかなりの痛みがありますので判断のポイントになります。
また、ぶつけた場所が動かせるのか、それとも動かせないのか?
でわかる場合があります。
痛みがありながら動かせる場合は打撲の場合が多いです。
痛みがあり動かそうと思っても激痛がありほとんど動かせない場合は骨折が疑われます。
これらは自分でできる判断の方法になります。
しかし、打撲や骨折はしっかりと専門家に診てもらって治療をした方が良いですので、正確な診断を受けて、適切な処置を受けるためにも、一度病院を受診した方が良いでしょう。
治りが早まるのは言うまでもありません。
以上、打撲と骨折の判断の仕方とは?についてでした。

スポンサーリンク