打ち身 腫れが引かない

腫れが引かない打ち身について

スポンサーリンク

今回は腫れが引かない打ち身についてというテーマで話していこうと思います。
腫れが引かない打ち身はどう対処していけばいいのでしょうか?みていきましょう。
打ち身とは、外部からの強い刺激や強くぶつけることによって、その衝撃の程度によっても違うのですが、痛みや腫れ、内出血を伴うこともあります。
まずは、安静な姿勢を確保します。
できれば、横になる姿勢が楽でしょう。
そして次に行うのが患部を冷やすことです。
アイスパックや氷水を使用すると良いでしょう。
患部を冷やすことによって、炎症を抑えたり、痛みも抑えることができます。
また腫れや内出血を抑えることもできます。
早めに冷やすことによって、短い時間で回復させることが可能です。

スポンサーリンク

患部が冷え、炎症や痛み、腫れが治まってきたら、次は温めます。
血行が良くなる事によって、細胞の回復力をアップさせます。
通常打ち身は数週間でなくなりますが、腫れや痛みがなくならない場合は骨折等も考えられますので、その場合はすぐに病院へ行きましょう。
打ち身は生活をしていれば比較的発生するものです。
しかし、手当てが遅れたり、適切な処置を行わないと痛みが取れなかったり腫れが引かなかったりしますので、注意が必要です。
また、打ち身をした後は、飲酒やお風呂に入ってしまうと、血行が良くなってしまい、腫れが引かなかったり、ジンジンするような痛みが出てしまうので、腫れがある程度引くまでは飲酒は控え、お風呂ではなくシャワー程度にしましょう。
あとはなるべく患部は刺激しないようにしましょう。
運動を控えたり、安静にすることが重要です。
まだ腫や痛みが引かない状態で運動などをして刺激を与えてしまうと悪化してしまう可能性がありますので控えましょう。
また冷やし過ぎや温め過ぎも肌のトラブルに繋がったりするので、注意しましょう。
以上、腫れが引かない打ち身についてでした。

スポンサーリンク