打ち身 早く治す

打ち身を早く治すには?

スポンサーリンク

今回は打ち身を早く治すには?というテーマで話していこうと思います。
打ち身を早く治すにはどうすればいいのでしょうか?みていきましょう。
打ち身を早く治すには、まずは患部を冷やしましょう。
打ち身は早く治さないと痕が残ってしまう可能性がありますので、早めに対処をして下さい。
先ずはアイスパックやなければ氷水を作り、それを五分程度タオルを巻き当ててください。
その後は冷却湿布を貼っても良いでしょう。
湿布だけを貼ってもすぐに温まってしまうので、非効率的です。
冷やすと腫れは引いてきますので、そうしたらサポーターをしましょう。
また、女性であればヒールや高い靴を履くのは控えましょう。
打ち身をした後すぐはアルコールやお酒は控えましょう。
まだ患部の腫れや炎症が治まっていない状態で、血液循環が良くなってしまうと悪化してしまう可能性があるからです。

スポンサーリンク

あと、損傷後すぐにはお風呂に浸かるのも控えましょう。
どうしても入りたい場合は、温いシャワー程度にしておきましょう。
打ち身や打撲の症状は程度にも寄りますが、だいたい一週間程度で治ってしまうのがほとんどです。
早く治すポイントは打ち身を起こしてから、どのくらいの速さで対処できたかで、回復の早さが変わってきます。
最初の段階では、内出血を伴う場合もあります。
しかし、内出血であれば徐々に赤みや腫れ、痛み等は引いてくるでしょう。
やはり内出血を抑えるためにもまずは冷やすことが大切です。
アイスパックや氷水を患部に密着させるように当て、早めに熱をとるようにしましょう。
また温めてしまうと血液循環が促進してしまいますので、温めるのは控えましょう。
内出血が治まったら、温めると自然治癒力がアップして回復が早まります。
体温か体温より少し熱いお湯につけたタオルを患部に軽く乗せてあげて、温熱療法をしてあげます。
すぐにぬるくなってしまいますので、こまめに交換をしてあげましょう。
以上、打ち身を早く治すには?についてでした。

スポンサーリンク