足の指 打撲 内出血

足の指の打撲や内出血の対処法

スポンサーリンク

今回は足の指の打撲や内出血の対処法というテーマで話していこうと思います。
足の指の打撲や内出血の対処法は一体どんな対処法なのでしょうか?みていきましょう。
あなたは足の指を打撲したり内出血を起こしたことはないですか?
かなりの痛みを伴いますよね?
打撲とは傷口がなく軟部組織の損傷のことをさし、見た目ではわかりずらいです。
内出血とは皮膚の下に出血が起こっていて、最初は紫色をしていますが、徐々に黄色や茶色に変色していき、やがて自然治癒力で治っていきます。
しかしこれらの場合、合併症を引き起こす可能性がありますので細心の注意が必要です。
足の指の爪の内側が内出血を起こすと回復するのに時間がかかります。
足をどこかに引っ掛けたり転んだり、運動をしている時に起こったりします。

スポンサーリンク

特に、高齢者の方は反応が鈍かったり、段差がないようなところでも躓いたり転んだりしてしまいます。
痛みが継続してある場合は、骨折の可能性もありますので病院へ行きレントゲンを撮ってもらうと良いでしょう。
また、血行を良くしておくことで、回復が早まりますので、日ごろから血流を良くすることを意識しておくことがポイントです。
若い方は運動量が多かったり、基礎代謝が高いので、血流は比較的良い状態です。
その逆で高齢者はなかなか動くことが難しかったり、代謝も低い傾向がありますので、回復力も低下しています。
階段の上り下り等で、引っかかり、転倒もしやすくなっていますので、無理な動きは控えましょう。
骨折や、打撲や内出血をしてしまうと、回復力が低下していますので、治るスピードも遅いです。
血流を良くするために、温まる食事をしたり、適度な運動をしたり、マッサージなどをして、代謝や血行をよくしていきましょう。
これは他の怪我や病気になるのを防ぐ効果もあります。
足の指は、打撲や内出血を起こしやすい場所なので注意しましょう。
以上、足の指の打撲や内出血の対処法についてでした。

スポンサーリンク