膝 打撲 処置

膝の打撲の処置について

スポンサーリンク

今回は膝の打撲の処置についてというテーマ話していこうと思います。
膝の打撲の処置はどのようにすればいいのでしょうか?みていきましょう。
打撲とは、強くドアなどにぶつかった際や転倒によりどこかぶつけることにより怪我をしてしまうことをいいます。
しかし、切り傷ができたり、出血はありません。
そのかわり腫れたり、その部分が紫色になったり、痛みを伴います。
内部の損傷がある怪我ですね。
そして痛みもあると前述しましたが、この痛みは徐々に軽減していき、緩和されます。
しかしすぐに痛みは消えず、1〜2週間、ないし一ヶ月程度続くこともあります。
打撲をした患部は触れてしまったり、再びどこかへぶつけてしまうと、強い痛みを発するので、なるべく触れたりぶつけたりしないように安静にしておくことが重要です。
そして、打撲をした直後は冷やしましょう。

スポンサーリンク

そうしないと炎症がなかなか引かなくなってしまい、回復が遅れたり悪化する恐れがあります。
長引いている場合は骨折等している可能性もありますので、気になることがあれば病院で検査を受けた方が良いでしょう。
そして冷やす時のポイントなのですが、冷たさを感じなくなる程度まで冷やすことがポイントになります。
途中で冷やすことをやめてしまうとあまり効果がありませんのでしっかりと冷やすようにしましょう。
そしてお風呂では患部はお湯に浸からないようにしてください。
特に発症から3日ぐらいまでは炎症を悪化させてしまう場合が多いので控えましょう。
そして膝の打撲の場合は湿布を貼るのが良いでしょう。
膝はよく動く場所なので、湿布が取れやすいので、ネットなどで膝を覆うようにして、剥がれないように対処しましょう。
また、市販されている薬も有効なことが多いです。
使わないよりは回復が早まるでしょう。
一番確実なのが病院へ行くことです。
以上、膝の打撲の処置についてでした。

スポンサーリンク