太股 打撲 テーピング

太股が打撲した時のテーピングの方法とは?

スポンサーリンク

今回は太股が打撲した時のテーピングの方法とは?というテーマで話していこうと思います。
あなたは太股が打撲してしまったことはありますか?
そんな時、応急処置としてテーピングの貼り方を知っていれば、いざって時に役立ちますよね。
怪我をしてしまった後は、冷やすと良いと聞きますが、テーピングの貼り方までは知らないという人がほとんどなのではないでしょうか?
以下はテーピングの貼り方について話していきます。
まずは打撲をした部分の左右に、患部を見たときに丁度側面に当たる部分に伸縮性のあるテープを貼ります。
たとえば打撲をしてしまったのが、太股のちょうど中心あたりであれば、膝からソケイ部のあたりまでの長さに張ります。
次に患部を覆うように、下からクロスをするようにテーピングをしていきます。
左右対称になるように、痛みのある患部から上下3センチぐらいのところを目安にクロスさせるように、下から貼っていきます。
これは必ず下から少し皮膚を引っ張るように貼るのがポイントです。

スポンサーリンク

最後に、これだけでは少しテープが取れやすくなっていますので、必要に応じて患部の上下の部分にサポート用のテープを巻き、最初に側面に張ったテープも剥がれないようにテープをしていきましょう。
あとは伸縮性のある包帯を圧迫しながら巻けばOKです。
しっかりと固定ができたら、あとは患部が心臓の位置より上にくるようにした状態で休むようにして下さい。
このように正しくテーピングの使用をした対処ができれば、内出血や炎症を最小限に抑えることができ、回復も早まることでしょう。
あとは程度にもよりますが、1〜2週間様子をみましょう。
治るまでは痛みが続いたり、身体をなかなか動かすことが出来ずストレスが溜まってしまい、早く動きたくなってしまうかもしれませんが、焦らずじっくり確実に治していきましょう。
このように太股が打撲した時はテーピングをしっかりと行っていくことで、治療をスムーズに進めていくことができます。
症状が重くならないうちに、早めに対処していくことがポイントです。
以上、太股が打撲した時のテーピングの方法とは?でした。

スポンサーリンク