顔 打撲 腫れ

顔が打撲で腫れるのは危険?

スポンサーリンク

今回は顔が打撲で腫れるのは危険?というテーマで話していこうと思います。
顔が打撲で腫れるのは危険なのでしょうか?みていきましょう。
打撲や打ち身とは、身体をつよくぶつけて強い衝撃を受けることで、腫れや痛みが発症するものをいいます。
主な発生原因はスポーツや転倒です。
他には日常生活を送っているだけでも発生するポイントがあり、棚の角に足の指をぶつけたり、階段を踏み外してスネをぶつけたりすることが多いとされています。
スポーツや転倒などの場合は、その部位だけでなく様々な部位に発生します。
打撲や打ち身を起こしやすい人の特徴として、身体能力の衰えている高齢者、選手同士の接触が激しいスポーツをしている人、おてんばな子やよく動き回るような子は打撲や打ち身を起こしやすいでしょう。
特に子供や高齢者の方は、身体の状態が少し弱っていたり低いことが多いので、それに伴ってあまり強くない衝撃でも打撲や打ち身の症状が現われやすい身体になっています。
また、生まれつき血管などの身体の組織が弱い人なんかも同じことがいえます。
激しいスポーツをやっている人は身体は強いのですが、接触が多いため怪我をするリスクが一般のなにもしていないような人よりは高くなっています。
上記に挙がっていない人でも打撲や打ち身は起こすことはあります。
そして、高齢者、子供、スポーツをしている人があまり発症しない部分を怪我する場合があります。

スポンサーリンク

例えば顔です。
顔を打った場合、他の部分をぶつけた場合よりも注意が必要です。
それは顔は、脳に近い部分なので、衝撃が直接脳に伝わりやすいからです。
そして強くぶつけると脳震盪(のうしんとう)を起こす可能性も十分ありえます。
顔は他の部分より、血管や神経が多く集まっている場所です。
なので、腫れや強みが多く発生する可能性が高いです。
目の近くをぶつけると、腫れが強く、目を閉じられなくなる場合もあるようです。
また、鼻や頬は骨折をしやすいポイントでもあります。
口の開け閉めがしずらくなったり、口の中の出血や鼻血が出ることもあります。
内出血している場合もありますので、先ずは冷やすことが重要です。
そして、何ともないと思っているかもしえませんが、実は何か起こっている可能性もあるので、一度病院へいき検査をしてもらった方がいいでしょう。
以上、顔が打撲で腫れるのは危険?についてでした。

スポンサーリンク