打撲 内出血 治し方

打撲で内出血した時の治し方とは?

スポンサーリンク

今回は打撲で内出血した時の治し方とは?というテーマで話していこうと思います。
打撲で内出血した時の治し方とは一体どんな治し方なのでしょうか?みていきましょう。
打撲をすると、強烈な痛みだけでなく、内出血も一緒に起こってしまうことが多いですよね。
内出血が起きると、見た目もよくないですし、痕になったり、しこりができてしまう場合もあるので嫌ですよね。
このように内出血を起こすと、辛いですよね?
なにか良い対策はないのでしょうか?
実はあるのですが、そのポイントとなるのが、内出血を広げないということです。
内出血が起こるのは仕方がないことなので、その後の対処によって、できるだけ内出血を広げないようにします。
まず内出血になってしまった初期の段階では、氷水や湿布等で患部を冷やしてあげることが重要です。

スポンサーリンク

これは炎症を抑えるためであり、内出血を最小限に抑える処置でもあります。
ここでも処置をしっかりしておけば、後の内出血が抑えられるのです。
そして次に行うのが圧迫です。
包帯やテーピングを使って、患部を圧迫し、腫れを押さえたり、内出血を抑える効果もあります。
そして、患部を心臓の高さより高い位置に上げるようにします。
そうすることによって患部へ血液の供給を少なくして、内出血を抑える効果にもつながります。
これらの応急処置を行うことによって、内出血を最小限に防ぐことができます。
内出血が起こってからだと長引いてしまいますので、できるだけ未然に防ぐことを意識しましょう。
内出血が起こってしまったら、応急処置は自分でも良いと思いますが、病院に行き、適切な診断や治療は任せた方が回復は早いでしょう。
以上、打撲で内出血した時の治し方とは?についてでした。

スポンサーリンク