肋骨 打撲 症状 対策

肋骨の打撲の症状と対策

スポンサーリンク

今回は肋骨の打撲の症状と対策というテーマについて話していこうと思います。
肋骨の打撲の症状と対策とはどんなものなのでしょうか?みていきましょう。
あなたは肋骨あたりをぶつけてしまい、痛みに困ったことはありませんか?
ぶつけた場所が痛いのか、それとも肋骨が痛いのかの判断も難しく、いまいちわかりずらいですよね。
また、腕や脚の打撲や打ち身とは違い、固定するのも難しいので、どのように対策をして良いのかわかりませんよね。
肋骨のあたりを強く打ってしまった場合はどのような症状が現われるのか?
そしてその対策を確認していきましょう。
まず、肋骨のあたりを打って打撲してしまうことを胸部打撲といいます。
症状は他の部位と同じように、痛みや内出血を伴います。
なので、治し方や対処の仕方も一緒で、安静にしていることが重要です。

スポンサーリンク

痛みも他の部分と同じで、これは程度によって変わってきますが、だいたい数日〜数週間続くものもありますが、打撲であれば少しずつ痛みは取れていくでしょう。
しかし、他の部位、たとえば腕や脚とは違うのは、肋骨なので、その奥に内臓があることです。
このため、くしゃみや深呼吸をする際に、思いがけないタイミングで痛みが生じることがあります。
小さな咳をしただけでも痛みがあるケースもありますので、気を使って行動しなくていけなくなります。
対策ですが、コルセットをして固定して、安静にすることがまずは大事です。
そして、打撲をした後は患部を冷やすために湿布を貼るのも良いでしょう。
腕や脚の場合、圧迫して内出血にアプローチするのですが、肋骨周辺はそうもいきません。
なので、コルセットや湿布を使うことが有効です。
また、打撲時に内臓にダメージが伝わっていないかを調べておくのは重要でしょう。
自分ではなかなか気づかない場合が多いので、何ともないと思っていても、後々症状が現われてくる可能性もありますので、一度病院で調べてもらうといいでしょう。
以上、肋骨の打撲の症状と対策についてでした。

スポンサーリンク