打ち身 黄色 原因

打ち身で黄色になる原因とは?

スポンサーリンク

今回は打ち身で黄色になる原因とは?というテーマで話していこうと思います。
打ち身で黄色になる原因とは一体どんな原因が考えられるのでしょうか?みていきましょう。
まずは打ち身による内出血のメカニズムとアザの変化について話していこうと思います。
打ち身によってできるアザは内出血によるものです。
一体内出血はどのような仕組みで起こっているのでしょう?
まず内出血とは、身体が外部から強く衝撃を受けた際など、皮膚や皮下組織が損傷します。
そして、皮膚が切れて体外に血液が流れると出血で、皮膚が切れずに血液が皮膚の中にとどまってしまうことを内出血といいます。
内出血が多い部分は、皮膚や脂肪が少なくダメージを受けやすい場所でしょう。
それが腕や脚、頭部などが当てはまります。
たんこぶも内出血の一つに当てはまります。

スポンサーリンク

そして打ち身をして、内出血した場所が、変色してみえる部分がアザといいます。
まず皮下組織が損傷して内出血が起こると、赤いくもの巣状のアザが広がります。
これは血の色が皮膚を透かして見えているときです。
そして赤い色素のヘモグロビンが壊れ、青くなったり紫色になってきます。
そして最後に黄色や茶色に色が変わっていきます。
また打ち身による痛みが消え、他の内出血がないにもかかわらず、アザが消えない場合があります。
これは、打ち身によって衝撃を受けた身体が皮膚を守るための防御反応としてメラニン色素を発生させているのが原因です。
内出血によるアザが消えても、皮膚にメラニン色素が残っているために、黄色や茶色いシミのようなアザが残ってしまうのです。
以上、打ち身で黄色になる原因とは?についてでした。

スポンサーリンク