打撲 打ち身 風呂

打撲や打ち身を早く治すためにお風呂が効果的な理由

スポンサーリンク

今回は打撲や打ち身を早く治すためにお風呂が効果的な理由というテーマについて話していこうと思います。

身体を何かに強くぶつけた際に発生する打撲は、皮膚に傷を伴わない怪我のことを指します。
一般的には打ち身と呼ばれることもありますが、どちらも同じ意味になります。
打撲や打ち身を発生しやすい状況は、転倒、事故、接触系のスポーツ、日常生活などです。
身体を動かす機会の多い子供に多く見られますが、症状が強く現れるのは高齢者になります。
小さな子供の場合は、身体のバランスが不安定で足の機能も完全ではないので、転倒しやすくなります。
学生になると、激しいスポーツなどをしている子供に多く見られます。
高齢者の場合は、加齢によって注意散漫になることが多くなり、打撲や打ち身を起こしやすいことと、身体そのものの組織が弱くなっているために、少しの衝撃でも症状が強く現れる可能性があります。
また、修復能力も低下しているため、いつまで経っても治らないという状況も多く見られます。
スポンサーリンク

打撲や打ち身が発生した場合、怪我をした直後は患部に炎症が起こっています。
炎症とは、組織や血管が傷つき出血を起こしている状態のことを指します。
そのため、身体の表面に近い部分で損傷が起きている場合には、痣として外側から損傷を確認することができます。
炎症が起きている場合の対処法は患部を冷やすことです。
なので、当日はお風呂には入らず、シャワーだけにしておくのが良いでしょう。
しかし、患部の炎症が治まった後は、お風呂が非常に有効だと言われています。
炎症が治まった後は組織の修復が始まります。
修復を早めるためには血流を促進させるのが効果的なので、お風呂に入ることで血流を促進でき、怪我の治りを早めることができるのです。
以上、打撲や打ち身を早く治すためにお風呂が効果的な理由についてでした。
スポンサーリンク