膝 打撲 全治

膝の打撲の全治を目指すには?

スポンサーリンク

今回は膝の打撲の全治を目指すには?というテーマについて話していこうと思います。

膝を打撲した場合は、そのときは痛みがあまりなくても後から激しい痛みが起きてくることがあります。
歩くと激痛が走るため歩行困難になったりします。
応急処置としては、膝を「当て木」で固定することが必要です。
木の板でなくても固くて膝を固定できるものならなんでも構いません。
患部に添えた「当て木」を固定するためハンカチなどで縛ります。
ヒビが入っていることもあるのですぐ病院で診察してもらうことが大事です。
そのままにしておくと回復が遅れ、全治するまでに時間がかかってしまうこともあります。
打撲の痛みがあまりないからといって、その後激しい運動をしたり重いものを持ったりするのは危険です。
痛みがなくても、打撲の部分の筋肉が損傷していたり炎症を起こしていることもあるからです。
スポンサーリンク

打撲は、1週間以上経っても痛みがなくならなかったり膝が曲がらないときは、クリニックでの診察が必要です。
筋肉や神経が損傷している可能性が高くなるからです。
状態によって「薬物療法」や「電気治療」が行われます。
また、「鍼治療」などをする場合もあり全治を目指します。
病院での治療のほかに整体院などに通う人もいます。
打撲が全治してもまた、怪我を起こさないよう日頃から気をつけることも必要です。
特に高齢者は、年齢を重ねるごとに膝などの筋肉が硬くなっていきます。
筋肉の働きを高めるため、軽い運動や筋力トレーニングなどを毎日行うことも大事です。
これを続けていけば筋力だけでなく血行促進の効果も生まれます。
それに、血流が良くなると筋肉の働きも良くなるのです。
以上、膝の打撲の全治を目指すには?についてでした。
スポンサーリンク