打撲 あざ 色の変化 広がる

打撲のあざは色の変化や広がることがある?

スポンサーリンク

今回は打撲のあざは色の変化や広がることがある?というテーマについて話していこうと思います。

打撲や打ち身は、あざや内出血になることがあります。
症状が改善してあざや内出血が綺麗に消えるまでには、時間がかかります。
あざができますと青や赤や紫などに色の変化があります。
その色は、段々と広がることもあり、下に移動していきます。
段々と時間をかけて色が消えていきます。
打撲した時には、痛みもありますが、自然と痛みは回復してなくなります。
痛みがひどい時や続く時には、病院へ行かれることをお勧めします。
打撲でもちょっと転んだ、膝や足をぶつけたなど軽い場合もありますが、ひどくぶつけた、転んだなどした時には、骨折していることもありますので、痛みが激しい時や中々痛みが消えない時には、検査をしましょう。
色の変化にも注意深く観察しておきますと良いです。
スポンサーリンク

あざは、次第に変化していきます。
赤く腫れていた箇所も青くなり、紫になってきます。
顔などのあざは徐々に下に移動してきてなくなります。
広がることもありますが、様子を見てみましょう。
色の変化や広がる様子を記録しておきますと診察の参考になります。
打撲した箇所をかばいすぎて安静にしすぎていますと動かなくなったり、弱ったりすることもありますので、ゆっくり動かして使用することが良いです。
例えば、足でしたら足を使わないと筋肉がなくなり細くなってしまいます。
腕も同様です。
使用できなくなったり、逆に痛みを伴ったりすることもありますので、痛みが治まったら動かしましょう。
炎症している可能性がありますので病院の受診をお勧めします。
以上、打撲のあざは色の変化や広がることがある?についてでした。
スポンサーリンク