足 指 打撲 腫れ

打撲の症状は足でも指でも起こり、基本は腫れが生じる

スポンサーリンク

今回は打撲の症状は足でも指でも起こり、基本は腫れが生じるというテーマについて話していこうと思います。

打撲とは身体を強く打ちつけたことにより起こる負傷のことです。
この状態は身体のどの部分でも発生し、主に腕や足に多く起こりますが状態によっては頭や指にも起こることがあります。
原因としては一般的に転倒による強打やスポーツを行っていた時の負傷などがあります。
極端なものの中では喧嘩による殴り合いで負傷した例があり、日常生活では家具などに指や足をぶつけたことによって起こることもあります。
打撲による症状は軽度の場合だと負傷場所に一時的な痛みと赤みが生じますが、これは数分で治まるため放置していても特に問題はありません。
しかし強い衝撃を受けた場合は患部が腫れてしまい炎症を起こすことがあります。
中には内出血を引き起こすこともあるため、軽度ではないと判断したら即座に患部を冷やすようにしてください。
スポンサーリンク

打撲による負傷の処置方法はすぐに患部を冷やすことです。
冷やすことによって痛みと腫れを抑えることができます。
この時に土や砂で汚れていた場合は水で洗うなどして汚れを落としてください。
また、打撲によって内出血を引き起こしていた場合は氷水や保冷剤を使ってすぐさま患部を冷やします。
冷やしている間はなるべく安静にしつつ包帯やタオルを使って冷却処置と固定を行うと効果的です、利き手の指や足を負傷した場合でも極力動かさないようにする必要があるため、無理のない範囲の行動にとどめてください。
打撲の症状は腫れや痛みが治まると冷却処置の必要はなくなります。
それまでは患部を温めたり刺激を与えてしまうと治りが遅くなったり状態が悪化する恐れがあるためご注意ください。
以上、打撲の症状は足でも指でも起こり、基本は腫れが生じるについてでした。
スポンサーリンク