捻挫 治る期間

捻挫が治る期間と気をつけること

スポンサーリンク

今回は捻挫が治る期間と気をつけることというテーマで話していこうと思います。
捻挫が治る期間と気をつけることは一体どんなことなのでしょうか?
捻挫が治るまでの期間はその捻挫の程度にもよります。
痛みがひいた=完治。
ということではなく、急性期が過ぎたということなのです。
捻挫の完治=靭帯の組織がちゃんと修復されることです。
痛みがなくなったとしても、痛めた組織の修復にはそれなりの時間を要します。
捻挫はその度合いによって、完治する期間が違い、目安があります。
1、軽度(数日〜二週間)
靭帯を伸ばした程度の損傷で、押すと痛いが歩くには支障をきたさない程度。
2、中程度(二週間〜一ヶ月)
靭帯の部分損傷で靭帯の一部が切れている状態。
歩きづらく、曲げると痛みがあります。
3、重度(一ヶ月〜数ヶ月)
靭帯の感染損傷で、靭帯が断裂している状態。
痛みが強く歩けない状態です。

以上が捻挫が治る期間になります。

スポンサーリンク

これは個人差がありますので、あくまで目安として考えてください。
これまでの捻挫回数がどのくらいなのか?繰り返していないか?
他に痛めた場所はないか?などの既往歴によっても変わってきます。
次は捻挫をしてしまった後に気をつけることを話していきます。
捻挫には急性期と慢性期があり、急性期は痛み、腫れ、熱があったりしますが、慢性期はその諸症状が穏やかになってきます。
しかし、治ったと思ってすぐにスポーツ等の運動は控えてください。
慢性期は組織がまだ完全に治ってはおらず、損傷している可能性があるので、この状態で無理に動かすと再発してしまう可能性がありますので、痛みが治まったからといって自分で治ったと自己判断せず病院を受診しましょう。
また、ちゃんとしたサポーターを使用しましょう。
サポーターとは患部をしっかりと固定するものです。
あなたがアスリートではなくても、アスリートが使うしっかりとしたものを使用しましょう。
さらに、患部やその周囲をほぐすことも重要です。
マッサージ屋さんに行ってほぐすのも良いですが、自分でストレッチ等をすることも大切です。
捻挫している部分をかばっていて、他の部分もこりやすくなっているため、患部以外のところもほぐしたり、ストレッチをしていきましょう。
そうすることで、二次的な障害を予防することにもなります。
最後に、リラックスをしましょう。
捻挫をすると筋がこわばり固まりやすくなりますので、リラックスをして筋の緊張をとってあげましょう。

森林浴をしたり、音楽を聴いたり、笑える動画を観たり、自分がリラックスができることをしていきましょう。
以上、捻挫が治る期間と気をつけることでした。

スポンサーリンク