肋骨 打撲 全治

肋骨の打撲と全治について

スポンサーリンク

今回は肋骨の打撲と全治についてというテーマで話していこうと思います。

打撲をしてしまうのは、日常生活でなかなか避けることができないものとなっています。
とくに手や足は動かす機会が多くなっているので、ものにぶつけてしまう確率も高くなっています。
しかし打撲をするのは手や足だけではありません。
時には胸の部分を強打することもあります。
この場合には肋骨がダメージを受けることになります。
どのようなときに胸部を強打してしまうのかというと、交通事故やスポーツをしているときなどが多くなっています。
そこで気になるのは、肋骨を打撲してしまったときの全治期間に関してです。
どのくらいで全治するのかというと、症状が軽いという場合には数日から1週間程度で症状が改善することもあります。
しかし強く打ち付けた場合にはもう少し長くなります。
スポンサーリンク

肋骨を打撲し、症状が重い場合の全治期間は数週間から1ヶ月が必要となります。
またこの場合、骨折との違いを見極めることが難しくなっています。
打撲だと考えていても、なかなか治らないと言うこともあります。
そこで病院で検査をしてみると骨折をしていたということも珍しいことではありません。
したがって肋骨を強く打ち付けてしまったという場合には、必ず病院を受診し、詳しい検査を受けることが必要になります。
実際に骨が折れてしまった状態でもなかなか気がつかずに、そのまま放っておくと言うこともあります。
そして最終的に骨折が治ると言うこともあります。
まずはどのような症状があるのかをしっかりと確認することが大切になります。
以上、肋骨の打撲と全治についてでした。
スポンサーリンク