打撲 腫れ 早く治す

打撲のつらい腫れを早く治すために知っておきたいこと

スポンサーリンク

今回は打撲のつらい腫れを早く治すために知っておきたいことというテーマについて話していこうと思います。

打撲による腫れは痛みを伴ってつらいですよね。
これをできるだけ早く治すにはどうしたらいいかと悩む人も多いことでしょう。
打撲はできるだけ早くに処置を行うことが大事です。
打撲の腫れを抑えたり早く治すために自分でできる処置として「RICE(ライス)処置」と呼ばれるものがあります。
「R(Rest)」は安静の意味です。
むやみに動かず、安静を保ちます。
「I(Ice)」は冷却の意味で、氷水を入れた袋などで患部を冷やします。
冷たすぎる場合はタオルに包んでも構いません。
「C(Compression)」は圧迫の意味で、腫れを抑えます。
ただし、正しいやり方をしないと血行不良を起こすのでわからない場合は省略しても構いません。
「E(Elevation)」は拳上の意味で、患部を心臓より高い位置に挙げておくことで炎症などを抑えます。
スポンサーリンク

打撲してから時間が経ってしまった場合は、基本的には整形外科などの医療機関を受診することが早く治すためにも大事です。
整形外科では腫れや痛みを抑える内服薬や外用薬(湿布や塗り薬など)を処方されることが多いほか、血行をコントロールするために冷却療法や温熱療法などといったリハビリを行うこともあります。
また、患部が動きやすい部位で、動かすことによって痛みが生じる場合はテーピングやサポーターなどで固定するという手段もあります。
いずれも正しく使用しないと血行不良などを起こして治癒が遅れる可能性もありますので専門家に相談し、指導を受けて使用するといいでしょう。
正しく使うと、特にサポーターは患部を保護することにもつながります。
以上、打撲のつらい腫れを早く治すために知っておきたいことについてでした。
スポンサーリンク