打撲 治療 湿布 方法

湿布で患部を冷やすという打撲の治療方法

スポンサーリンク

今回は湿布で患部を冷やすという打撲の治療方法というテーマで話していこうと思います。

身体のどこかをぶつけて打撲になってしまった経験は、誰でも一度くらいは経験しているケガとなります。
打撲は、ぶつけるなどして身体の筋肉の一部が損傷している状態のことです。
痛みがあったり腫れたり、内出血をしている場合には青あざになります。
症状を緩和する治療法としては、急性に打撲の場合には、受傷してからすぐに湿布や保冷剤などを使用して、患部を冷やすという方法を行ないましょう。
 できるだけ早く冷湿布をあてるなどの治療を施すことによって、痛みや腫れ、内出血などの症状を軽くすることができます。
湿布で患部を冷やすことによって、血管が収縮するために、症状を抑えることができます。
冷湿布には、メンソールという冷たくてスーッとする成分が含まれていますので、炎症を伴う打撲に対しては非常に有効です。
スポンサーリンク

 打撲の治療法は、患部をまず冷やす、徹底してアイシングするということです。
前述しましたように、炎症や内出血が抑えられ、痛みを緩和させることができます。
15分〜20分を目安に、感覚がなくなったらいったん止めて、再度冷やすという方法を繰り返しましょう。
 また、患部を圧迫する治療法も有効です。
患部を圧迫することによって、内出血や腫れを抑えることができます。
ただし、強く圧迫しすぎるのはNGです。
血流が低下してしまうからです。
伸縮性のある包帯やテーピングを使用して、患部を適度に圧迫する程度に固定しましょう。
 一般的な打ち身の場合には、湿布を貼って伸縮包帯などで圧迫固定を行なえば、1週間〜2週間程度で完治します。
痛みや腫れがひかない場合には、医療機関を受診するようにしましょう。
以上、湿布で患部を冷やすという打撲の治療方法についてでした。
スポンサーリンク